Happy's Mountain Guide


Happy's Mountain Guide は少人数から登山をサポートします。  
お問い合わせお問い合わせ

mochimono.jpg

HOME ホームHOME ホームMountain 登山Mountain 登山Tent day テント泊Tent day テント泊Map reading 地図読みMap reading 地図読みCliming クライミングCliming クライミングAbout us Happy'sについてAbout us Happy'sについてReservation ガイド予約Reservation ガイド予約

Happys logoEquipment

HOME > 基本装備・持ち物について

mt04.png 日帰りツアー 基本装備

バックパック ●日帰り 20~30ℓ ●山小屋泊 30~35ℓ ●テント泊 50~60ℓ
レインウエア 上下セパレートタイプ。防水透湿性素材のしっかりしたものがおすすめ
登山靴 足首がかくれるタイプのもの
防寒着 フリース、ダウンジャケットなど
手袋 防寒、怪我防止用に
帽子 日射病、日焼け対策に。寒い季節はニット帽なども
アンダーウェアー 化繊やウール素材の速乾性素材のもの
ヘッドライト 万が一に備えてご持参ください。レンタルあり。500円
行動食 行動中の短い休憩時間でも食べられる物をご用意ください
ドライフルーツ、ビスケット、飴、おせんべい、ナッツ類など、
お好きな物をご持参ください
お昼 おにぎり、サンドイッチ、お弁当など 
飲み物 お水やスポーツ飲料水を1ℓ程度 
健康保険証 コピー可


●あるとよいもの
日焼け止め 紫外線予防
サングラス 紫外線予防、目の保護
ストック 下山時に足や腰の負担を軽減します
ザックカバー バックパックの雨よけ
スパッツ 泥や小石、雨や雪が靴に入るのを防ぎます

mt04.png 山小屋泊ツアー ※基本装備に加えて、お持ちください

着替え 下着や靴下、アンダーウェアーの着替えをお持ちください
洗面用具 できるだけコンパクトに化粧水、クリームなどは小分けボトルに入れ直す
タオル 乾きやすい手ぬぐいがよいです
ウェットティッシュ 手や顔、体などを拭きます
防水スタッフバッグ 着替えなどが濡れないように

mt04.png テント泊ツアー ※基本装備+山小屋泊装備に加えて、お持ちください

テント一式 テント一式装備を各自でご用意お願いします
お持ちでない方は以下のレンタルショップにてレンタルも可能です
石井スポーツレンタル山専
そらの下
マット クローズドセルタイプ or エアーマット
寝袋 3シーズン用モデル
【例】
モンベル U.L スパイラルダウンハガー#3、
石井スポーツ パイネスリーシーズン (-2℃対応)  など
個人用バーナー お持ちの方はご持参ください。アルファ米やお好きなお茶類のお湯を沸かします
クッカー お湯を沸かすお鍋
ライター 濡れないようにジップロックや防水パックに入れる
食器類 お皿、カップ、カトラリー
ナイフ 調理用
食器を拭くペーパー トイレットペーパーでもOK
ごみ袋  家庭用ごみ袋(大)とスーパーのレジ袋
お米(アルファ米)  夕食日数分
自分の好きなお茶類 早朝出発の場合、ガイドがお湯だけ沸かして提供します
朝食のパンやお茶類をお持ちください
水と水筒 1.5~2ℓ程度
細引き 3mm×6m を1本


●あるとよいもの
サンダル テントサイトで使用
シュラフカバー 雨予報の場合は寝袋が濡れないようにします
折りたたみ傘 風がない時、トイレに行くときなど便利


共同装備、食糧は当日の朝に参加者全員に分配致します。ザックはスペースに余裕を持っておいてください。

mt04.png 地図読みステップ1 ※基本装備に加えて、お持ちください

二万五千分の1地形図
「与瀬」 
アウトドアショップ、または書店にてお買い求めください
ジップロック(大) 雨が降ってきた場合に使います
筆記用具 鉛筆、ボールペン
赤ボールペン 磁北線を引きます
蛍光ペン 2色。尾根と谷に引きます
コンパス SILVA No.3 または SUUNTO のものがおすすめ
高度計付腕時計 お持ちの方はご持参ください

mt04.png 地図読みステップ2 ※基本装備に加えて、お持ちください

二万五千分の1地形図
「与瀬」 
アウトドアショップ、または書店にてお買い求めください
ジップロック(大) 雨が降ってきた場合に使います
コンパス SILVA No.3 または SUUNTO のものがおすすめ
高度計付腕時計 お持ちの方はご持参ください